H29.12 可決議案の内容

一般会計補正予算について

・マイナンバーカードの旧姓対応に伴うシステムの改修費
・ふるさと納税の見込み額増加に伴うもの『三宅町のグローブはやはり人気のようです』
・見込みより入院件数が増加したことに伴うもの『社会保障費は人口が減少しているとはいえ高齢化しているので劇的に減少することはないと思われます。国保の奈良県統一化も目前です』
・あざさ苑の自家用発電機の不具合による部品交換
・上但馬団地の町営住宅二件に雨漏りが見つかり修繕
・中央公民館の多目的室のエアコンが故障しつながり総合センターのエアコン再利用の費用
などで
1363万1千円膨らみました。

国民健康保険特別会計の補正予算
高額療養費の支払いが前年実績より増えたことによる増額1731万7千円。

介護保険特別会計の補正予算
ひかえている制度改正に対するシステム改修費です。
46万円の増額。

社会保障にかかわる特別会計『国保特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者特別会計』は合計で推移を追いかけて行く必要があるかもしれません。
また、すでに後期高齢者の医療保健は県単位で奈良県後期高齢者医療連合組合として行われています。
数年後、国保も現在は自治体単位で行われているものが県での統一運営となります。
それに伴った変化もどのようなものがあるか勉強しておかないといけないと思っています。とりあえず納める国民保険料は増額します。

三宅町企業立地促進条例の一部改正。
5千万から一億円規模の開発を断るものです。
当初は小規模でも企業に来てもらおうとしていましたが、奈良県との共同で動き出したので、大規模開発の妨げにならないようにと条例を一部改正。

三宅町保健福祉施設条例の一部を改正する条例の制定。
あざさ苑の栄養指導室『調理室』を一般の住民さんにも貸し出せるようにし、料金設定を行うもの。

・三宅町保健福祉施設あざさ苑の指定管理者の指定について
持ち越しの案件となりました。


One thought on “H29.12 可決議案の内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください