いち議員の辞職勧告決議を可決させて何がしたい?!

この議員および宇陀市市議会については、よく知らないので、なんとも言えないですが、新聞記事からは、
間違った情報を、自身のFacebookに載せたために、
「議員を辞めよ」というふうに議会で可決されたということです。

この文章「勝井太郎議員に対する辞職勧告」の中には、

  1. 「自らの誤った見識のもとで、工事請負変更契約の問題点を示し、市と請負業者の間で、官製談合の疑いとも受け取れる内容の書き込みを行い、請負業者はもとよりその関係者、市の担当部局に多大な迷惑をかけた」
  2. 「過去にも、議会内の誤った情報をインターネットより配信し、また、議会外の言動や素行においても何度と無く問題を起こし、再三再四、当時の議長や同僚議員、また議員全員協議の場でも注意され、反省を促していたところである」
  3. 「市議会及び市の名誉と権威を著しく傷つけるものであり、議員としての資質を疑うものである」
  4. 「よって、本市議会は、議会の品位の尊重と権威保持、そして議員の職責を鑑み、勝井太郎議員に対し、自らの意思により議員の職を辞することをここに勧告する。」

ということらしい。

宇陀市市議会のWEBサイトより

下記の内容を明確にしたうえで、「議員を辞めるべし」というべきだと考えます。
そうでないとイジメと変わらないと私は感じます。

  1. 「請負業者はもとよりその関係者、市の担当部局に多大な迷惑をかけた」とある「多大な迷惑」の「多大な」とは、とんな程度なのか?
  2. 「黙らせようとしても黙らなかった」というふうに読めるので、過去の「議会内の誤った情報をインターネットより配信し」た詳細を示し、「何度と無く問題を起こし」た内容を示していただきたい。
  3. 「著しく傷つけ」られた「市議会及び市の名誉」とは、具体的にどのようなものか示していただきたい。合わせて「議員としての資質」とはどういう事を想定しているのか。
  4. 「議会の品位の尊重と権威保持」とあるが「議会の品位」および「権威」とは、どういうものを想定しているのか。

この文章は、何か小難しい表現や文字が並びますが、

  • 「お前が間違えた情報を発信したから迷惑したやんけ!」
  • 「前にも何回も注意してたやろ!」
  • 「みんな傷ついとんじゃ」
  • 「お前がおったら、こっちもおかしくなる」
  • 「お前みたいのは辞めてまえ!」

という事しか言っていません。

住民の皆さんに対して「間違った情報を発信してしまう事を恐れて、口を閉ざしてしまう」より、
「皆さんの町の状況はこんなことになっていますよ」と伝えることが、議員にとっては大事ではないでしょうか。
致命的な間違いは確かにあります(「まったくその気もなく、事故を起こして人命を奪ってしまう」等)、取り返しのつかないことを、やってしまう事もあるでしょう
しかし、そうでないのであれば、住民の代表として選ばれた議員は、「住民さんに伝える」ことも仕事の一部ではないでしょうかね・・・

「議員を辞めなさい」というこの文章の中では、

  • どんな迷惑をこうむったのか?
  • 前にどんな間違いを犯して、どんな注意をしたのか?
  • 何が、どんなふうに傷ついたのか?

こんな事が一つも明確になっていません。
可決した議会は、住民さんに詳細を伝える意思はありますか?
辞めろと追い詰められている議員の方が、たとえ判断が間違っていたとしても、議員としての住民さんに伝えようとしていると思えてなりません。
(外野からうかがい知れることだけからの意見ですが)

宇陀市議会は、議会として議決して「いち議員に辞めろ」と、議会全体の意思としています。
議員必携』の「議会の権限」⇒「議決権」にある「議決の意義とその効果」の項目にはこう書かれています。
「決定した議会の意思(議決)は、議員個々人の意思からは独立したものとなり、議会全体の統一した意思ということになる。たとえ、議決とは反対したの意思を表明した議員があったとしても・・・」

この文章「勝井太郎議員に対する辞職勧告」で、
議会(所属する議員全体の意思)として、個人の議員をイジメているような内容が、イジメでなく正当な議会としての態度表明であると、住民の皆さんは理解するのかな・・・・

ちなみに、この文章を、readerで開いてプロパティーをみると作成者にとある政党の名前が出てきます
?


以前に、三宅の議員さんたちも、いち議員に反省を促す文章を広報にいれて発信したことがありましたね。
私が議員になる前です。
それを読んで私は、
「うちの町の代表のレベルってこれ!? 恥ずかしい」と感じ、気分が悪くなりました。
私が議員になった理由の一つでもあります。
(その時は議会として、いち議員を批判した文章を流したのではなく、複数の議員が連名で作成した文章でした)
「地方議会活性化マニュアル」を読んだときに感じた議員のイジメを思い出しました。
ちなみに、三宅町議員の複数にチラシで公開非難されたイチ議員さんは、名物議員さんではありましたね。

議員に必要な資質は、
まず「人の意見が聞けること」
と森内は考えます。
「こんな記事を載せるな~お前にとってなんもエー事ないぞ」という忠告をいただきましたら、その意見をすぐに聞きます(苦笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。