全国初 議長も副議長もみんな同じ報酬


奈良新聞より

軽々に感想を述べられませんが、議会内で何かが起こっていることは間違いありません。

通例で一年交代の役職(議長または副議長)を、その通例に従わない自体が発生。
通例なので不適切だと思えば変えればよい。
三宅町議会はこの通例を変えています

「通例を変える」といっても「通例」なのでなにか法的な文章があるわけではありませんので、見た目にはなにも変わっていません。
議長、副議長が継続で行っているというだけ。
もちろん「今年も継続でさせていただきたいが、意見はありますか?」という議員間の話し合いはありました。
「三宅町の議員の中には議長・副議長の役回りをやりたい議員がいないのではないのか?」 という質問には明確にノーです。
ひとつ言えることは、三宅町議会議員内にもいろんな見解の違いがあるとは言え「議長を頂点に三宅議会には、ゆるいとしてもまとまりがある」ということです。

・大和郡山議会に議会としてのまとまりがあるのかな?
・経費削減が目的なら議員報酬を全体的にもっと下げるという手もあるよね?
・報復的な条例?? えーレベル低くないか?
・「これで報酬が欲しくて議長をやっているわけではないと証明できる」?? 全国初の条例を制定してまで示したかったこと?

地方議会の闇が見え隠れしませんように・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください