三宅町議会改革の歩み

三宅町議会において、議会改革調査特別委員会が立ち上がりました。
これを機に、どんな様相をたどってゆくのか記録しておきます
(記録しておかなければヤバイという危惧があるからです)

三宅町の住民の方々は、「三宅町議会は頑張っとる!!」と評価してくれているのでしょうか??
私は、「そもそも何をしてるのか、よくわからん?!」という評価が大半だと感じていますが、どうでしょうか?



【資料編】(森内が参考になるであろう情報をあつめたものです。
こんなふうに議会(議員ではないく議会)が変化すればという参考に)
議員必携より 
関連質問について、議会不要論と専決処分



【経緯編】(三宅町の議会改革の進み具合がわかるはず?!)
インターネット議会傍聴(2015.10.18) 
議会の動画公開について。県内の動向となぜに必要なのかと初心にかえります。
その後、上牧町へ行った視察の様子もあります。

住民さんからの指摘(2016.2.14)
「誰が議員になっても住民さんとの接点があるような仕組み(システム)を作る。
また、理事者側の追認機能しか果たせない、果たしていない因習的・儀礼的な慣行をやめること。」

「議会改革するなら新人が多い今ですよ。どうせあと何年かしたら皆さん新人も、今の空気に染まってくる」

2016年3月の議会開催中の委員会では傍聴は出来ませんでした

致命的に不足していると思っていること
『「公平に」「透明性を確保したまま」住民の意見を取り入れる』

議会改革?(2016年4月)
 議長と副議長の一年交代制を廃止